このページの先頭です。メニューはスキップして本文の先頭へ。
ここからナビゲーションが始まります。このページのメニューが4つ、その後に全体のメニューが4つあります。
ここから本文です。

HOME>ふたかみ福祉会

ふたかみ会ってどんなところ?

<法 人 理 念>

かがやく命を大切にする社会を作ります

「基 本 方 針」
1、「どんなに重い障害があってもこの街で暮らしたい」の取り組みを進めます。
2、みんなの意見を大切にし、働きやすい職場と人材育成に努めます。
3、地域の人々と交流し、地域福祉の発展に寄与します。

沿革

1987年9月〜11月 養護学校の卒業を目前にした重複障がいのある子どもの、「働きたい、友達が欲しい」という願いを実現してやりたいと思った親たちの働きかけで、月1回の日曜作業所が始まる。
1987年12月 羽曳野に認可作業所を作る会が発足する。
1988年4月 わじま文化会館を借りて仲間2人で共同作業所を開所する。
1996年 「社会福祉法人 ふたかみ福祉会」認可設立。
知的障害者授産施設(通所)「はびきの園」(定員30名)開所。
2000年 知的障害者地域生活援助事業 グループホームはばたき開設。
2001年 知的障害者地域生活援助事業 あさがおホーム開設。
2002年 知的障害者更生施設(通所)「第2はびきの園」開設。
障害者生活支援センター「はびきの」開設。
2003年10月 南河内北就業・生活支援(準備)センター開設。
2004年5月 知的障害者地域生活援助事業 第2はばたきホーム開設。
2005年4月 大阪府障害者利用サポート事業開始。
2006年4月 生活支援、就業・生活支援「障害者総合支援センター はる」と名称変更。
2006年3月 重症心身障害(児)者通園事業B型(公益事業)大阪府より委託実施。
障害者自立支援法により第一種社会福祉事業「はびきの園」「第2はびきの園」廃止。
2007年4月 障害福祉サービス はびきの園(生活介護30名、就労継続支援B型10名、就労移行支援10名)事業開始。
2008年4月 障害者生活耕房 大西記念センター開設。(あさがおホーム・第2はばたき移転)
南河内北就業・生活支援事業が国事業になる。
2008年8月 障害児タイムケア事業「ほまれっこ」開始。
2008年10月 ショートステイ「ほまれの里」開始。
2010年4月 障害福祉サービス はびきの園(生活介護34名・就労継続支援B型10名・就労移行支援6名)定員変更。
2011年4月 障害児タイムケア事業に代わり、児童デイサービス事業「ほまれっこ」(定員10名)開始。
2012年4月 重症心身障害(児)者通園事業B型が生活介護へ移行。
児童デイサービスの児童福祉法への移行に伴い、放課後等デイサービス「ほまれっこ」として開始。
2012年5月

はびきの園の従たる事業所として、「就労移行支援はぴサポート」開始。
同場所に放課後等デイサービス「ほまれっこ」移転。

2013年5月

大西記念センターに「第3はばたきホーム」開設。

2013年6月

大阪府より優良法人として表彰される。

2014年6月

「支援センターはる」、「就労移行支援はぴサポート」移転。

2015年5月

「法人本部」移転。

2017年4月

「ハピバール」(生活介護20名)開始。
はびきの園(生活介護24名・就労継続支援B型10名・就労移行支援6名)定員変更。

このページのトップへ移動します。

【情報公開】

社会福祉法人ふたかみ福祉会定款(PDF)

ふたかみ福祉会理事会・評議員会名簿(PDF)

2016年度ふたかみ福祉会決算及び法人現況報告

現況報告書及び総括表(PDF)
計算書類(PDF)
2016年度決算について(PDF)

2016年度ふたかみ福祉会事業報告(PDF)


2015年度ふたかみ福祉会決算及び法人現況報告

現況報告書及び総括表(PDF)
財務諸表(PDF)
2015年度決算について(PDF)

2015年度ふたかみ福祉会事業報告(PDF)


2014年度ふたかみ福祉会決算及び法人現況報告

現況報告書及び総括表(PDF)
財務諸表(PDF)
2014年度決算について(PDF)

2014年度ふたかみ福祉会事業報告(PDF)


【ふたかみニュース プチトマト】
(PDFファイルが新規ウィンドウで開きます)

■今月号

▼2017/11月号/No.327

▼11月号の内容

プチトマト11月号

●フレスポ2017
●定款に思いを込めて
●原水爆禁止世界大会in長崎
●HapiBarフリーマーケット
●まちまるしぇ
●HapiBar informaion
●はびきの園福井さんの絵がカレンダーになります!
●ふたかみ福祉会地域公開講座
●秋の福祉ビッグバザー
●11
月自主製品販売予定
●後援会(17年度10月入会・更新)
●寄付・寄贈紹介
●ボランティア紹介
●10月アルミ缶回収量



■バックナンバーはこちらです。
Adobe Acrobat 文書(PDF)について
PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。導入されていない方は、次のバナーのリンク先からダウンロードしてください。
Adobe Readerのダウンロードサイトへ(新規ウィンドウで開かれます)

このページのトップへ移動します。

相談役の写真        相談役のブログ

       春一番
 
 
 2月14日、全国的に強い風がふき荒れました。「春一番」です。春の前触れの嵐として、冬を呼ぶ「木枯らし一号」と並んで、日本の四季の大切なけじめです。細かい規定はあるようですが、「立春のあと広い範囲で吹く南よりの暖かい風」と考えればよいでしょう。
 各気象台はそれぞれ地域にあわせて春一番を認定して発表します。2月14日四国に始まり中国、東海、関東と次々と春一番が発表されました。暖かさに誘われて、庭の梅が満開になりました。
 歳時記を開くと面白い句を見つけました。
 
             ポリバケツ逃げまどいたる春一番
                      柿沼盟子 風土

【相談役からの挨拶・ブログ】バックナンバーへ

このページのトップへ移動します。

後援会入会のお誘い

ふたかみ福祉会後援会は、法人の事業を支え、障がいのある方々の豊かな地域生活をめざして、共に活動する応援団です。

後援会では、このような活動を行っています。

チャリティーコンサート
福祉ビッグバザー 
チャリティー映画会
きょうされん物品販売
独自商品通年物品販売
各種催しでの模擬店
美術展
古着市

後援会の活動


※これらで得た収益は、ふたかみ福祉会へ寄付します。

ボランティアさん大募集!

後援会の事業にご協力いただける方を募集しています。
お気軽にお電話下さい。

ふたかみ福祉会の事業に皆様のご支援をお願いします。

会費
個人年会費 1口 3,000円
団体年会費 1口 10,000円
お問い合わせ
ふたかみ福祉会後援会
〒583−0841 大阪府羽曳野市駒ヶ谷106−1(はびきの園)
TEL 072−957−4041
FAX 072−957−2215

このページのトップへ移動します。

本文終わり。このページはここまでです。このページの最初に戻ります